Going My Way

〜旅のあれこれ備忘録〜 旅で見た。聞いた。感じた。出会った。体験した。そんな旅の思い出の記録。

砂の祭典in鹿児島

Sand Festival (Golden Week 3rd May)


ゴールデンウィークのことですが、、


砂の祭典に行ってきました


数年前に一度行ったことがありますが

やっぱりあの細かすぎる技術を目の当たりにすると、本当に感動します


この大きなリュックサック、もちろん砂です

Going my way

今年のテーマは〜旅の思い出〜


まさに私にぴったりのテーマ


全国各地を旅して回った気分になりました

これは、何だと思います?

Going my way

あの昔話の桃太郎です。

桃太郎がイケメンで、鬼も負けじ美化されてかっこよくなっています。

MOMOTORO−

後ろの鬼が島らしき?山の中央にドアがあるのですが、

なぜか少し半開きになっているのです


何か出てくるのかな??

すごいこだわっていますね!!


桃太郎なので岡山県


ちょうど3月に夜行バスを利用して大阪に行ったときに、

途中休憩で立ち寄ったSAが岡山で、

そのときにせっかく立ち寄った岡山なのでということで、

名物のきび団子を買ったことを思い出した。


そして京都

砂で再現された清水寺五重塔と舞妓さん。

実際に訪れた京都が私の頭の中にも再現され、テンションUP


Going my way-__.JPG



熊本城



Going my way-__.JPG

オランダ人のアーティストが作成した、鶴!
Going my way-__.JPG

一番のお気に入りが…


☆大阪☆
Going my way-__.JPG
私の大好きな大阪の街を面白く、楽しく作られており、

見ているだけでこの作品の中に足を踏み入れて飛び込みたくなってきます
!!


私が訪れた日は少し雨が降っていました。

もし大雨が降ったら作品はどうなるんだろう〜?と疑問にも思いましたが、


思わぬ拍子で作品に触れてしまったのですが…

砂がものすごく硬かったです

なので、雨に負けないと確信しました

作品より私の小指が負傷しました。


砂像には作者の想いが込められていて、その砂像からその想いが発散されている感じで、一つ一つの作品をじっくり見ては、それぞれに歓声をあげていました。


ただの砂でここまでの表現ができるなんて、

ただただ驚きと感動の一日でした<



Going my way

Going my way



Going my way